まずは基礎的な腹筋運動を

 上図のように、体を置きあがらせることはせず、少しだけ体を持ち上げて、腹筋に力が入っていることを常に意識しながら繰り返します。これを毎日やることによって、100センチだったウェストが、1年後には77センチにまで減らすことができました。しかし、この時点では腹筋は割れませんでした。

 最近は、主に以下の器具を使っていますが、この基本動作にひねりを加えて(体をねじらせて)腹筋を行い、脇腹も意識して行っています。

 ちなみに、お笑い芸人の小島よしお氏は2010年5月のTV番組で「毎日腹筋500回やっている」と発言されていました。体脂肪率はイチローの6%よりも低い4%になった時もあったようです。

効果があったのはこれ

 これ、やったことがある方はおわかりかと思いますが、腹筋にものすごく効きます。腹筋がひきつるくらいくるしいです。おそらく、1回もできない方が多いかもしれません。しかし、たった10回でもできるようになれば、シャープな腹筋になると思います。

 初心者の方は、膝を床につけながら前後に体を動かしてみましょう。膝をつけている状態でも腹筋が悲鳴を上げていることがわかるはずです(笑)。背筋にも力が入ることがわかります。

 私はこれを使っていますが、まだ完ぺきに割れた腹筋を手に入れることはできていません。うっすら割れている程度までたどり着いたのですが、体脂肪率が16%あるので脂肪を減らした方がいいのかなと思っています。

 私が購入したのはトータルフィットネス(TotalFitness) エクササイズウィル STT021です。1000円以下でお手軽に購入でき、他の方のレビューも概ね好評です。

 ★注意★ "く"の字でやらないと腰を痛める可能性があります。ご注意ください。

ほぼ毎日やった(日曜以外)

 腹筋は他の筋肉と違い、回復力が早いということなので、日曜以外のほぼ毎日、腹筋をやりました。しかし、上記の器具を使うと、本当に効きすぎるくらい効くため、あまり無理をしない方がいいと思います。